50代の信用金庫求人

信用金庫求人TOP >> 条件別の信用金庫求人 >> 50代の信用金庫求人

50代の信用金庫求人

50代で信用金庫に転職する場合、そう簡単に職場の見つからない可能性は十分考えられます。長期戦も予想されますので、もし今仕事をしているのであれば、その仕事を退職することなく同時並行で転職先を見つけたほうがいいでしょう。先に退職してしまうと、失業保険の手当の出ている間に転職先を確保できると保証できないからです。

50代で信用金庫に転職する場合、まず銀行の実務経験を持っていることが大前提になります。異業種転職はまず不可能だと思ったほうがいいでしょう。銀行出身者で、どのような実務経験を持っているかで採用されるかどうかが決まります。もし融資営業経験を豊富に持っている人であれば、その部分が評価される可能性があります。融資を希望する法人・個人へのコンサルティング業務や返済計画の作成、監督官庁への報告書の作成などの経験が豊富であれば、採用される可能性もあります。

また金融商品の販売経験を豊富に有している人も、採用される可能性があります。実は老後の資金をねん出するために、年金保険商品や投資信託などの資産運用を検討する中高年の方が多いです。このようなお客さんの中には、若い人だとどうも不安、同じような世代で安心して相談できるような人が窓口にいてほしいと考える方も多いです。このため、意外と窓口業務で50代のスタッフを募集する信用金庫は少なくありません。金融商品販売であれば、証券会社のような同じ金融業界でも多少畑違いの人材でも採用される可能性はあります。もし50代で、信用金庫にて地域に根差した販売業務をしてみたいと思っている人がいれば、求人情報をチェックしてみる価値はあるでしょう。できれば金融商品だけでなく、住宅ローンや相続関係、生命保険のような幅広いフィールドの商品の取り扱い経験があると、さらに有力な武器になりえます。総合的なコンサルタントができるので、重宝する人材と思われるからです。

50代で転職するのであれば、時には妥協も求められると思ったほうがいいでしょう。正社員として就職するのは年齢的な問題もあって、かなり難しいのは否めません。しかしたとえば契約社員や嘱託社員のような雇用形態であれば、50代の豊富な経験を求める信用金庫も出てくるかもしれません。もしなかなか信用金庫で募集が見つからないというのであれば、たとえば信用金庫のグループ会社や関連企業の求人情報がないか調べてみましょう。より広範囲の求人情報を探せば、転職の芽も出てくるはずです。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.