40代の信用金庫求人

信用金庫求人TOP >> 条件別の信用金庫求人 >> 40代の信用金庫求人

40代の信用金庫求人

信用金庫の場合、30代であれば経験者を対象にして求人情報は結構出てきます。しかし30代後半から40代を対象にした募集になると、数は少なくなる傾向がみられます。長く信用金庫の一員として仕事をしてほしい、自分たちのスタイルに対応して仕事をしてほしいと思っているところが多いです。そうなると若くて柔軟な20代とか30代前半の人材を取りたいと思うわけです。しかし40代であっても、信用金庫の募集は出ていることは出ています。特に金融機関で豊富な経験を持っている人であれば、即戦力として採用される可能性は十分あります。

40代の転職を見てみると、銀行から信用金庫に転職するというパターンは結構見られます。特に新卒で銀行に入り、総合職としてキャリアを積み重ねてくれば、信用金庫にとっては魅力的な存在であることは間違いないです。20代から30代にかけては数年に1回のペースの転勤でも構わなかったけれども、そろそろ40代になると体力的にしんどい、そろそろ決まった地域で安定した仕事をしたいと考える人も多いです。このような人は銀行から、地域密着型の営業をしている信用金庫への転職を希望することも多くなります。

また信用金庫ですが、地方を拠点としているところもかなり多いです。地方の都会の喧騒を忘れた、のどかな環境で残りの人生を送りたいと思っている40代の方で、信用金庫への転職を希望するパターンもインターネットでたびたび紹介されています。自然豊かな環境で子育てしたいとか、子供がぜんそくなどの持病を抱えているので空気のきれいなところで生活したくて、地方の信用金庫に転職するケースもあります。また40代になると両親が高齢なので、その面倒を見るために地元にUターン転職したいと考える人も増えてきます。この場合メガバンクから地元の信用金庫に転職というパターンもあります。

40代で信用金庫に転職する場合には、金融業界での実務経験はもちろん大事です。それを前提にして、リーダーシップ経験がどうかを採用試験では重視される傾向があります。40代で信用金庫に転職するとなると、それなりのポジションで仕事をしてほしいと相手も考えます。そこで管理職の経験を持っているのであれば、どの程度の部署を率いていたのか、部署で過去どのような成果を上げたことがあるのかといったことを職務経歴書や面接試験の時にアピールしましょう。金融業界のキャリアだけでなく、マネージメントスキルの有無も見られていると思ったほうがいいです。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.