20代の信用金庫求人

信用金庫求人TOP >> 条件別の信用金庫求人 >> 20代の信用金庫求人

20代の信用金庫求人

20代を対象にした信用金庫の求人は、かなり多いです。ほかの業種同様、長く勤務してもらえる可能性の高い20代の人材を信用金庫でも求めています。20代の場合、まだキャリアも十分ではないでしょうから、それまでの実績は採用する時点であまり重視されません。その信用金庫で働きたいという熱意など、ポテンシャル採用が中心となります。未経験者でも歓迎するような求人もあって、異業種転職する事例もしばしばみられます。

たとえば、保険会社に勤めていた人が信用金庫の営業の仕事に転職した事例がインターネットで紹介されていました。保険会社に勤めているときにキャリアアップのためにファイナンシャルプランナーの資格を取得して、それが信用金庫の採用試験でも有力な武器になりました。保険会社であれば、保険商品の取り扱いだけにどうしてもとどまります。しかし信用金庫であれば、保険のほかにも貯蓄や投資の指南、住宅ローンを組むにあたってのアドバイスといった感じで多方面にわたって各種顧客の相談に乗れます。活躍できる範囲が広がったことで、今まで以上にやる気を持って仕事が取り組めるようになります。

そのほかには社会保険労務士の資格を取得して、社会保険労務士の事務所で勤務していた人が信用金庫に転職したというケースも見られます。信用金庫の中には、年金の部署を独立させて、顧客相談に対応しているところもあります。このような信用金庫であれば、社会保険労務士の年金知識は大変重宝します。信用金庫の中には、定期的に年金相談会を実施しているほど、年金に力を入れているところもあります。このようなところに転職すれば、社会保険労務士の資格を十分活用できるでしょう。

さらには銀行から信用金庫に転職するパターンも20代後半頃から目立つようになります。特にメガバンクのような日本全国に支店を展開している銀行の場合、数年に1度のペースで転勤をしなければなりません。腰を据えて仕事をしたいと思っている人の中には、営業地域の限定されている信用金庫のほうが働きやすいと考える人も増えてきます。特に20代後半になると、結婚して家庭を持つ人も出てきます。家族を転勤で振り回すのは嫌だ、単身赴任が続くのは避けたいと思っている銀行マンの中には、地元に定住して仕事をするために信用金庫に転職するパターンもあります。このようにまだ20代であれば、異なる業界から信用金庫に転職するのに対し、割合寛容な傾向がみられます。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.