豊田信用金庫の採用情報

信用金庫求人TOP >> 豊田信用金庫の採用情報

豊田信用金庫の採用情報

昭和24年に誕生した豊田信用金庫は、愛知県豊田市のある西三河を中心に、岡崎市、名古屋市などその他の周辺地域をカバーする信用金庫です。戦後、地元の商工会が発起人となって豊田市の復興の象徴として生まれた金融機関であり、以来、地域住民と中小企業の発展に力を入れています。

豊田信用金庫は、預金量が1兆円を超え、多くの職員を抱える大規模な信用金庫です。毎年30〜50人ほどの新卒者を採用しており、平成27年度には70人以上の新卒採用がありました。しかし、平成28年度の採用は若干名にとどまり、平成28年5月現在で応募は早々に締め切られています。それとともに中途採用の情報もなく、豊田信用金庫を転職先に希望している人にとっては、すぐに採用されることは難しい状況です。契約社員やパートの求人情報もしばらくない状況です。したがって、転職希望者は新たに応募が出る時に備えて、情報収集に力を入れつつ、転職までの期間を準備に充て、資格取得など自己研鑽に励んでおいた方がよいでしょう。特に、信用金庫では金融業務検定の取得が推奨されているので、まだ取得していない金融機関での実務経験者は、求人があるまでに取得しておくのも得策でしょう。また、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーといった資格があれば、金融の転職市場ではさらに有利になります。

上記のように中途採用に関しては不透明な状態ですが、今後まったく中途採用が行われないとは考えられません。まず、現職員から退職者が出ると、欠員の補充が行われることが考えられますし、新店舗の出店に伴い外部から人材を募ることもあり得ることです。実際、豊田信用金庫では、平成24年に安城市に初出店し三河安城支店を、次いで平成27年には、長久手市に初出店し杁ヶ池支店をオープンさせています。後者は、豊田信用金庫初となる平日午後7時までの窓口営業店という特徴がありますが、今後も営業時間延長店の新たな出店がある可能性は高いです。そうなると、職員の増員は必至ですから、転職希望者にもチャンスはありそうです。

豊田信用金庫の公開情報によると、職員の待遇には力を入れているようです。特に女性の活躍に向けて制度を整えているようで、例として産休・育休からの復職のしやすさが挙げられます。今後、女性の係長や管理職の割合を高めようという動きもあり、男女比2:1という豊田信用金庫の職員状況から考えて、金融経験豊富な女性をロールモデルとして中途採用するという可能性も考えられるでしょう。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.