西武信用金庫の採用情報

信用金庫求人TOP >> 大手信用金庫の採用情報 >> 西武信用金庫の採用情報

西武信用金庫の採用情報

西武信用金庫は、東京23区と神奈川・埼玉県の一部地域を事業エリアとする信用金庫です。預金量・貸出金量は業界でもトップクラスを誇り、日本格付研究所から財務内容について「A+」の評価を得るなど、事業の安定性・健全性の高い金融機関です。集金業務を中心とする営業体制から、顧客の課題解決と提案型の営業への転換に成功を収めていることから、地域からの信頼が厚いこともうかがえます。

西武信用金庫は、地域密着の仕事がしたいという就活生に人気の職場で、西武信用金庫側も新卒採用には積極的で、多い年には100人以上の採用があります。ただし、中途採用はそれほど活発に行われていないようです。というのも、職員の定着率が高く、男性は20年近く、女性でも10年以上は平均して勤続するという状況が続いているので、欠員補充の求人もそれほど頻繁にありません。

しかし、チャンスがないわけではありません。西武信用金庫は、2013年から定年制を廃止し、本人の意思があれば80歳を超えても働けるようになりました。昇給や昇進にも限度がなく、実際、これ以降、中高年の中途採用がいくつかあり、なかには70歳で再就職に成功している人もいます。逆に、若くても能力がある人ならば、早い段階でキャリアアップできる可能性もあります。能力を評価されれば何歳であってもチャンスがあるので、信金経験者や他の金融機関を退職した中高年の再就職希望者には狙い目の職場です。

ただし、定年はないといっても年功序列ではないため、能力が認められなければ採用は難しく、採用後にも降給や降格はあり得ます。また、西武信用金庫の理事長によると、求めているのは「金融のプロ」として活躍できる人材ということなので、未経験からの転職は難しいようです。

というわけで、中途採用の可能性がある対象者はかなり絞られてしまう状況ですが、自分の能力や経験に自信のある金融経験者であれば、転職後も長く働ける職場として狙い目でしょう。ただし、上記した通りそう頻繁に募集がかけられるわけではないので、転職を考えている人は、最新情報を常にチェックし、チャンスを逃さないように体勢を整えておかなければなりません。また、求人が出るとすれば、一般の求人誌ではなく、非公開求人で募集が行われるだろうと考えられます。現在、中途採用の予定はないとしても、優秀な人材ならば雇用のチャンスがあるのが非公開求人ですから、そういう情報にも精通しておくべく準備しておいた方がよいでしょう。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.