さわやか信用金庫の採用情報

信用金庫求人TOP >> さわやか信用金庫の採用情報

さわやか信用金庫の採用情報

さわやか信用金庫は、東都中央信用金庫と東京産業信用金庫が合併し、2002年に発足したばかりの新しい信用金庫ですが、大元を辿ると、創立は大正時代にまでさかのぼる老舗です。東京都渋谷区広尾に本部を起き、銀座、赤坂、六本木、麻布など都内の中心部から、城南地区、多摩地区、神奈川県の一部までを事業エリアとしてカバーします。都心のど真ん中にある信用金庫ですが、その長い歴史で培ってきたネットワークにより、顧客層は都心部の企業だけにとどまらず、下町の町工場や郊外のファミリー層にまで及び、地域住民と強固な信頼関係を結んでいます。

さわやか信用金庫では、総合職・一般職合わせると、毎年50〜100人ほどの新卒採用を行っていますが、一方で中途採用の案件はあまりなく、ホームページ上にも中途採用情報はなんら記載されていません。したがって、どのぐらいの頻度で求人があるのか把握するのが難しく、転職希望者はどんな情報も逃さないように、こまめに動向をチェックし、求人が発表されたら、すぐさま応募できるように体勢を整えておくことが必要です。信用金庫の規模や立地条件、給与などの条件を考えると、かなりの倍率になることが予想されますが、欠員補充や新規出店などチャンスがまったくないわけではないので、求人情報があるまで面接対策など準備をしっかりしておきましょう。

新卒採用の情報から、転職できた場合の待遇がある程度把握できます。給与は経験や能力によって異なりますが、休暇や福利厚生など共通するところもあるので、こうした情報も大いに参考にしましょう。初任給は、大卒の総合職で約20万円と、平均的な信用金庫の給与です。中途採用の場合、年齢や経験、現在の年収などが考慮されるので、転職によって大きく収入を下げるリスクは少ないと言えるでしょう。また、休日休暇についてですが、土日の完全週休二日制であり、有給・慶弔・特別休暇もあって、最大で9日間連続で休暇を取ることができるようです。育児休暇や介護休業制度も整備されており、復職時にはセミナーが催されスムーズに業務に戻れるようにサポートが受けられます。各種社会保険、財形貯蓄制度、住宅融資制度など福利厚生も充実しており、京都や箱根などに保養所があるうえ、部活動も活発なので、オフを有意義に過ごすこともできそうです。

今後、さわやか信用金庫で中途採用があるとしたら、即戦力として通用する人材が対象になると予想されます。その意味では、中小企業診断士や証券外務員試験などの資格を有している方が有利でしょう。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.