大阪信用金庫の採用情報

信用金庫求人TOP >> 大手信用金庫の採用情報 >> 大阪信用金庫の採用情報

大阪信用金庫の採用情報

大阪信用金庫は、大阪府では大阪シティ信用金庫に次ぐ第2位の規模を誇る信用金庫で、毎年50〜100人の新卒採用を行うなど、経営状態はすこぶる良いところです。ただ、従業員の満足度も高く、退職者の数も少ないので、中途採用はあまり行われていません。現に2016年5月現在では、中途採用情報はなく、次年度の新卒対象の就職説明会も希望者多数ですでに締め切られている状態です。したがって、今後、中途採用があるとしたら、現在勤務している従業員に欠員が出た時か、次年度採用予定の新卒者が辞退した時でしょう。いずれにせよ狭き門となることが予想されるため、転職希望者は、求人情報が発表されたらすぐに応募できるように準備しておくことが大切です。履歴書や職務経歴書の準備を万端にし、面接対策を進めるなど、いつ募集がかかっても対応できるようにしておきましょう。大阪信用金庫の採用情報によると、営業や事務などの総合職に毎年求人があるので、こうした職種に興味があるならば、転職先の候補に入れておくのもよいでしょう。

新卒対象の選考基準によると、短大卒以上の学歴は必要ですが、学歴より人物を重視していることがわかります。地域の住民に信頼される職員であることが、何より求められている条件です。転職者にも共通する事項で言うと、福利厚生面は充実しており、健康保険・厚生年金保険・調整年金保険・雇用保険・労災保険など保険は完備され、手当も、住宅・教育・渉外・時間外手当としっかりしており、交通費も全額支給されるようです。完全週休二日制で、有給休暇のほか、傷病休暇、誕生日休暇、5日までの連続休暇、慶弔休暇があり、女性職員には産休・育休・育児短時間勤務制度が整っているので、結婚や出産への不安なく働ける環境でしょう。

給与面ですが、2015年度の実績では、初任給が4年制大学卒で20万5000円、短大卒で17万2000円となっています。ボーナスは年2回あります。中途採用がある場合は、これをベースにそれぞれの資格・経験・スキルに応じて支払われるようなので、転職による経済的打撃の心配はそれほどないと考えられます。

大阪信用金庫では、中途採用があるとしたら営業か事務での募集になりますので、融資や預金などの金融の知識は必須です。そのため、現実的には、銀行や信用金庫などでの実務経験がある人のみに、正社員として中途採用される可能性が残されていると言えるでしょう。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.