信用金庫の仕事内容

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫の仕事内容

信用金庫の仕事内容

信用金庫への転職を考えている場合に、知っておきたい情報として信用金庫の仕事内容があります。金融機関での仕事は他の仕事とは異なる業務があり、職務ごとに役割が定められています。主に行う業務は預金や定期預金などの預入手続き、融資、為替の取引、手形の割引、投資信託などの資産運用があります。これらの業務は銀行業務と変わりませんが、信用金庫の場合は営業できる範囲が定められており、取引できる法人は中小零細企業に限定されるなど銀行と比べて業務内容に制限が課せられています。

信用金庫の仕事は窓口業務、後方事務、貸付、営業などの仕事に分かれています。窓口業務とはテラー職とも言われます。預金の受け付けなどの業務を担当するセクションをハイカウンターと呼び、そのセクションで働く人をハイテラーと呼びます。ハイテラーは窓口業務を主に担当するため、お客様とのコミュニケーションスキルが必要になります。お客様からの問い合わせにもすぐに対応できるよう、金融商品の知識も身に着けておく必要があります。信用金庫内ロビーには、カウンターへ案内したり、ATMの使用方法や振り込み手続きなどの業務をサポートしたりする案内役がいます。案内係やロビーマンと呼ばれています。

融資相談や資産運用などの相談を窓口で行なう場合がありますが、これらの金融商品についてはハイテラーではなく別の担当者が業務を担当します。融資相談や資産運用などの相談をする窓口をローカウンターと呼び、担当者をローテラーと呼びます。ローテラーの主な仕事は投資信託などの金融商品をお客様に説明するだけでなく、マネープランの立案などもサポートします。ローンについての相談や契約、保険商品の取り扱いなども担当することがあります。ローテラーとして仕事をするには高いレベルの金融知識が必要になります。

営業担当は法人や個人を対象にコンサルティングセールスを展開します。融資額を増やしたり、金融商品の購買欲を高めて顧客の獲得に努めたりするなどの業務をこなします。地域社会で経済活動を行なう企業との信頼関係を築く必要があり、高いレベルのコミュニケーションスキルが必要な仕事です。営業担当は土日のローン相談などの業務を担当することもあります。信用金庫にはこれらの業務のほかに、人事や経理などの仕事を担当する内部職員がいます。本社勤務が主な仕事になります。また商品開発などを手掛ける仕事もあり、信用金庫の仕事は多岐にわたります。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.