信用金庫の離職率

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫の離職率

信用金庫の離職率

信用金庫などの金融機関は離職率が他の業種に比べて高いことで知られています。具体的な数値は公表されていませんが、実際に信用金庫での勤務をしている行員の話によれば、入行後終身雇用を選ぶのは一握りに過ぎないとも言われるほどです。離職率が高いという言葉を聞くと、信用金庫の仕事が激務なのではないかと思うかもしれません。もちろん激務ゆえに離職する人もいますが、金融機関での経験をもとに他の金融機関への転職をしたり、金融知識を生かして異業種へ転職したりする人も少なくありません。また起業により離職する人もいます。

仕事がハードなために離職するケースとしては、営業職などのノルマの達成に終われてしまうというケースがみられます。営業職の場合はある程度実績を積み上げていく必要があるため、既存顧客への商品提案に加えて新規開拓も必要になります。新規顧客の開拓には時間がかかるため、なかなか実績に反映されない場合さえあります。精神的にタフでなければ、ネガティブな状況に直面すると自分に対する自信を失いやすくなることもあり、結果的に離職につながる場合もあります。20代の離職率が高いと言われていますが、その理由はハードな仕事について行けなかったり、給与が他の業種よりも若いうちは低かったりするという点が挙げられます。別のパターンとしては取引先との信頼関係を構築することで、取引先からヘッドハンティングを受ける場合もあります。

窓口業務も離職率が高いことで知られています。女性の場合、結婚や出産に伴い離職するケースが目立ちます。そのためいくつもの信用金庫ではテラー職を常勤ではなくパートタイムで募集する場合が少なくありません。転職組としては比較的狙いやすいのが窓口業務です。離職率が高い分、求人案件が出やすいのが窓口業務の特徴といえます。窓口業務には資産運用相談などのローカウンター業務もありますが、経験ある人材が担当する場合が多く、離職率は低めです。

信用金庫は離職率を低下させるため、福利厚生を手厚くするなどの対策を取っています。また住宅資金の貸付制度など職員向けに低金利で貸し付けを行なう制度を設けるなどして、長く働けるようサポートを行なっています。リーマンショック以降金融機関は徹底的な合理化対策を行ない、不良債権処理なども徹底的に進めてきた結果、利益を職員にも還元し離職の歯止めに役立てています。ですから、今後は離職率が低下することが予想されています。求人案件が減少傾向にあるのは、長期雇用を選ぶ職員が増えてきたためでもあります。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.