信用金庫の自己PR

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫の自己PR

信用金庫の自己PR

信用金庫の転職試験を受けるにあたって、いかに自分を売り込むか、自己PRが重要になります。自己PRを考えるにあたって、まず自分にどのような実績があるかを考えてみましょう。中途採用の場合、信用金庫の本音はやはり金融業界での実務経験を持っていることにあります。そこで金融関係のキャリアを持っているのであれば、その部分はしっかり転職活動の中でアピールしておきましょう。銀行や信用金庫はもちろんですが、証券や保険業界も金融機関と密接なつながりがあり、仕事内容も被るところがあります。ですから証券や保険でキャリアを有しているのであれば、その中での職務経験をアピールすることが大事です。

金融機関には信用金庫のほかにも、都市銀行や地方銀行がいくつもあります。都市銀行や地方銀行ではなく、なぜ信用金庫で仕事をしたいのかということもアピールしておきましょう。その答えを考えるにあたって、「なぜ都市銀行や地方銀行ではだめなのか?」という質問に対する回答を考えてみることです。信金でないとなぜいけないのかということをPRしていきましょう。結構信用金庫の募集に応募している人を見てみると、「なぜ金融機関で勤務したいのか?」というPRで終わってしまっているケースもあります。すると聞いている採用担当者は、「だったら何も信用金庫でなくてもいいのではないか?」と思われてしまいます。相手が疑問を抱かないような、隙のないPRをすることも採用されるためのコツです。

信用金庫は、ほかの金融機関と比較すると地域密着型の営業をしているところが多いです。そこで「自分が生まれ育った地域に貢献したい」と思って応募する人が多いです。この部分についてもPRしてみるといいでしょう。「長年この町で暮らしてきて育ててもらったので、その恩返しをしたいから」といった自己PRをすると転職したいという熱意がダイレクトに面接官にも伝わるでしょう。

また信用金庫は、個人向けのサービスもいろいろと提供しています。このため、利用者とコミュニケーションをとる頻度もほかの金融機関と比較すると多くなります。ですから「人と話すことが好き」とか「初対面の人とでも自分から話しかけて打ち解けるのが得意」といったPRも信用金庫で勤務するにあたって、プラスの印象を与えられます。信用金庫のホームページを見てみると、結構求められる人材像が記載されています。こちらをチェックして、いかに自分がふさわしいかをアピールすることも有効でしょう。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.