信用金庫の年収・給料

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫の年収・給料

信用金庫の年収・給料

信用金庫への転職でチェックしておきたいのが年収・給料です。転職の動機としてスキルアップを図りたいとか、今までよりも多い給料を手にしたいという点が挙げられます。転職するからには良い給料を受け取りたいという希望を叶えるために、今までの職場の報酬と比較して、信用金庫の年収・給料が多いかどうかを比較することは大切です。全国の信用金庫の年収・給料を平均化することで、大体の目安が見えてきます。しかし、勤務内容やこれまでの経験やスキルによっても報酬はかなり変わってきます。

年齢別で相場を見ていくと、20代の営業職の場合、平均年収は350万円から450万円です。20代の場合は管理職になるケースは珍しいため、営業成績などで報酬が上がる成功報酬型を導入している場合に、より多くの給料が得られます。法人営業などでかなり高い成績を上げることができれば、500万円を超える年収を手にすることも不可能ではありません。営業やコンサルティングセールスの場合は平均で400万円ほど、内勤の場合、ハイテラーやローテラーなど女性が担当する窓口業務で年収300万円前後が相場になります。

転職で最も多い年齢層が30代、40代です。この年代の場合は管理職として登用される可能性が高くなります。コンサルティングセールスなどの渉外業務や投資信託などの業務を担当することもあります。30代管理職の場合で年収500万円ほど、40代になると600万円から700万円が相場になってきます。かつては年功序列型の報酬制度を採用してきた金融機関も、現在は成功報酬型や実力主義を重視するケースが目立っています。保守的な企業風土が特徴の信用金庫でもその傾向が強くなりつつあると言えます。

報酬と合わせて知っておきたいのが賞与です。信用金庫の賞与水準は全国的な一般の賞与水準よりも高く、4か月から5か月分の報酬が支払われるケースがみられます。日本経済全体が景気回復基調となっているため、融資先の企業活動も活発化し、信用金庫の役割も大きくなっています。そのため信用金庫の報酬は今後も安定した動きを見せていくものと考えられています。信用金庫の年収・給料から転職先を探したい場合にはリクルートエージェントやマイナビエージェントの転職エージェントサービスの活用が便利です。転職エージェントは希望に合わせた最適な求人情報を提供するだけでなく、転職をバックアップしてくれます。無料で利用できるサービスですから、積極的に活用することをおすすめします。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.