信用金庫のやりがい

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫のやりがい

信用金庫のやりがい

金融機関にはいろいろな種類がありますが、その中でも信用金庫は地域に密着した営業をしていることで知られています。信用金庫で勤務すると、地域住民や地域に中小企業がほとんどであることに気が付くでしょう。地域の経済活性化に信用金庫は重要な役割を担っていることは、信用金庫で勤務するやりがいの一つです。しかも大手企業ではなく、中小企業を相手にした営業が中心であるところも、信用金庫のやりがいになるでしょう。

日本で活動している企業の90%以上・日本の7割を超える雇用が、中小企業によって占められています。メガバンクをはじめとする都市銀行の場合、大手の企業には密接なつながりがあるでしょう。しかし中小企業にはどうしても手が回らないというのが実際のところです。そのメガバンクや都市銀行がカバーできない中小企業のケアをしているのが、信用金庫です。信用金庫が中小企業をサポートして地域の経済基盤を支えています。地域の経済が活性化しなければ、日本経済全体の向上も望めません。そう考えると、信用金庫は日本経済の下支えをしている欠かせない存在ということもできます。日本経済に欠かすことのできない仕事をしていると思えば、やりがいを持って業務に当たれるはずです。

また信用金庫の従業員を見てみると、地域との交流も積極的に行っている傾向がみられます。地元のイベントに何かと駆り出されることが多いからです。具体的には地元で開催される祭りに参加して神輿を担ぐとか、信用金庫で出店を営業することもあるようです。地域住民と交流できる、経済面だけでなく社会的な貢献もできるところも信用金庫で働くことのやりがいです。

信用金庫は中小企業のほかにも、地元住民に対する個人向けのサービスも充実させています。ですから信用金庫で仕事をしていると、住民の経済面での相談にいろいろと乗る機会も増えるでしょう。個人の顧客の今までの人生をヒアリングしながら、より充実した人生を今後送るためにはどのような運用をすればいいのか、といった提案を行うこともしばしばあります。このような地域住民に寄り添って、今後のライフプランを考えることも信用金庫で仕事をすることのやりがいになるでしょう。カードローンや住宅ローンなど、銀行でもいろいろなサービスを行っています。しかし信用金庫のほうが気軽に利用できるという意識が地域住民にもあるようです。「自分の町の金融機関」という意識が浸透しているからでしょう。地域密着で丁寧な仕事をしたいと思っている金融マンには、信用金庫はお勧めの環境といえます。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.