信用金庫で活きる資格

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫で活きる資格

信用金庫で活きる資格

信用金庫で活きる資格には、金融に関係した資格や商取引に関係した資格など、いくつかの資格が含まれます。取っておきたい資格の1つがファイナンシャルプランナー技能検定資格です。金融に関連した様々な分野の知識を必要とするため、信用金庫での仕事になにかと役に立ちます。資格を取得していないのであれば、まずはFP3級の取得を目指すと良いでしょう。ファイナンシャルプランナー技能検定については通信教育でも学ぶことができるため、今の職場にいながら転職前に取得しておくこともできます。

窓口業務であれば電卓技能検定資格や珠算能力検定資格、簿記などの資格を取得しておくことをおすすめします。電卓技能検定は最低でも3級以上を取得しておくことをおすすめします。珠算についても同様で、窓口でそろばんを使いこなすには、最低でも3級以上を取得してください。簿記についても同様です。営業や渉外などでの勤務を希望している場合には、宅地建物取引主任者や中小企業診断士の資格がおすすめです。年金相談なども実施する機会がありますから、社会保険労務士資格を取得している人もいます。これらの資格は入行後も取得できますが、転職を有利に進めるために、事前に取得しておく人もいます。

宅地建物取引主任者資格が必要な理由は、住宅ローン融資の際に担保物件の調査を行なう際に必要になります。中小企業診断士の資格は、信用金庫の取引先に中小零細企業が多いためです。融資を決定する前に企業の経営状態などを調査し、融資可能かどうかを判断するには経験だけでなく知識も必要です。そのため中小企業診断士の資格を取得する人がいます。税務関係についての知識も時には必要になります。そのため税理士の資格を取得していることで、転職に役立ったケースもあります。

信用金庫では保険業務を取り扱う場合もあります。そのため募集人資格を有している人も少なくありません。ただし入行前に取得した資格が継続して活用できるかについては、保険会社に問い合わせる必要があります。信用金庫で勤務する際に役立つ資格は多岐に及びます。だからと言ってすべての資格を取得しなければ採用されないというわけではありません。希望する職種で必要とする資格を取得しておけば有利に転職を進めることができるというだけの話です。ですからあわてて資格取得を目指して転職のチャンスを逸しないようにすることも大切です。もし前述の資格を有しているなら、信用金庫の仕事で有効に活用することができます。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.