信用金庫の志望動機

信用金庫求人TOP >> 信用金庫転職の基礎 >> 信用金庫の志望動機

信用金庫の志望動機

信用金庫への転職を考える際に、調べておきたいのが志望動機です。面接対策だけでなく、転職に対する気持ちを高めるためにも志望動機を心に留めておくのは大切です。信用金庫は地域に根ざした経営を行っているため、経営方針や経営理念に思いを留めると、信用金庫への転職の期待を高めることができます。例えば地域に根ざした経営を行っているため、地域社会の一員として社会貢献をしたいという願いから、この会社で仕事をしたいという気持ちが強くなった、という志望動機があります。採用側はできるだけ長期に渡って仕事をして欲しいと考えていますし、地域の人々から信頼できる人材を求めていますから、採用担当者側の注意を引きやすい志望動機と言えます。

他の志望動機として、中小企業の支援を行なっている点に注目したという人もいます。信用金庫は法律によって融資先が中小企業に限られています。中小企業も信用金庫との密接なつながりを築いていますから、信用金庫側も信頼関係を維持することに力を注いでいます。そのため中小企業とのつながりを重視し、企業支援に力を注ぎたいと考えている人材を求めているのは事実です。志望動機にこの点を含めることで、自己アピールを行い、面接官の関心を引き出すことができます。ポイントは、企業が特に力を入れている点に注目して、そこを志望動機にするということです。

他の志望動機としては、金融機関で働くことをずっと目標にしてきたというものもあります。夢を叶えたいという願いから、信用金庫への就職を希望していることを伝えることができます。この点を伝える際には、具体的に何がきっかけになって金融機関への就職を目標にするようになったかを明らかにする必要があります。具体例としては、親が金融機関で仕事をしていて、仕事にやりがいを見出している姿を見て、自分も金融機関で働きたいと思うようになったとか、先輩が金融機関で働いていて、人の暮らしを支える仕事に生きがいを見出している姿に感動し、自分も 金融機関で働きたいと思うようになったという点を挙げる人もいます。

志望動機を整理して相手に伝えるのは簡単ではありませんが、自分の素直な気持ちを表現することが成功のポイントになります。もし志望動機をまとめるのに難しいと感じたら、転職エージェントのサポートを受けることも考えてみると良いでしょう。DODAやtype、リクルートエージェントといった求人情報サービスでは、転職エージェントによる無料のサポートを行なっています。上手に活用して転職を成功させてください。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2017 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.