信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】

信用金庫への転職事情

中小企業を支える金融機関、信用金庫。地域に密着した業務になるため、銀行よりも地域との結び付きが強い傾向にあります。勤務先としては、金融機関であるため収入や福利厚生面など安定しているのも魅力ですね。

リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用すれば、効率的に信用金庫の求人を見つける事ができます。人気の高い就職先なので、事前の入念な情報収集が就・転職成功のカギになります。

信用金庫の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・30万人の転職実績を誇り信用金庫への転職数も業界トップクラスで信頼性が非常に高い。
・求人情報のうち、およそ9割が非公開求人情報。信用金庫の非公開求人情報も豊富に用意。
・金融業界に強いキャリアアドバイザーが、無料で信用金庫への転職をしっかりサポート。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
信用金庫の求人に強いのがマイナビエージェント。初めての転職でも安心して依頼できる。
・公開求人の少ない信用金庫の非公開求人に強く、待遇面で充実した優良求人の紹介に特化。
・豊富なデータベースから、全国の信用金庫求人情報を的確に紹介。求人検索も早くて便利。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
あなたの希望に合わせたピッタリの求人情報を提供し、転職をスムーズに進めてくれる。
・求人検索は職種、勤務地、キーワード検索が可能で、信用金庫の求人情報も見つけやすい。
・スキルに合わせた信用金庫求人を紹介できるため、待遇の良い求人案件を見つけやすい。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職で年収アップを実現できた成功例が多数あり、信用金庫転職で報酬アップをサポート。
転職活動に役立つ無料のコンテンツが豊富で、楽しみながら信用金庫転職に打ち込める。
・スカウトサービスを利用すれば、信用金庫からのスカウトが直接届き、転職が早く進む。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
信用金庫への転職が成功するための情報を「キャリコネ」が惜しみなく提供します。
・信用金庫や金融機関への転職に必要なノウハウやスキルなどもすべて無料で提供。
・気になる信用金庫をあらかじめ登録しておけば、求人発生時にメールで知らせてくれる。



信用金庫に転職するには?

地域社会の要としての役割を果たしているのが信用金庫です。現在国内には270ほどの信用金庫があり、地域に根差した経営を行なっています。一般的に知られている銀行と異なるのは、営業できる地域が決められている点です。そのため、信用金庫の名称は、地元の地域名が用いられるケースがほとんどを占めています。融資先は中小企業が中心です。その理由は信用金庫法と呼ばれる法律により、融資先が限定されているからです。銀行は大企業にも融資を行ない取引ができますが、信用金庫にはそれができません。中小企業とのつながりが強いため、日本経済を陰で支える大きな役割を担っています。

信用金庫への転職を考える場合、有利なのは経験者の転職です。他の銀行で勤務していた経験があれば、同業種への転職はしやすくなります。企業側としては営業や渉外担当など実務経験がある人ほど即戦力として起用しやすくなるため、できるだけ経験のある人材を確保したいと考えているからです。特に金融機関は転職率が高い職場で、定年まで同じ会社で勤務する率が低い業界です。これまでの資格を生かしてスキルアップするために他の銀行に転職するケースや銀行での勤務経験を生かして、他の分野で起業するケースも珍しくありません。

信用金庫をはじめ金融機関は人材の移動が多いため、抜けた人材をできるだけ早く穴埋めするために求人を出すケースが目立ちます。経験者であれば採用率は高くなりますが、中には未経験から転職を考えている人もいます。未経験からの転職もできないことはなく、営業や渉外であればこれまでの営業経験を生かして異業種からの転職を果たし、成功している人も少なくありません。頑張った分だけ評価されるのがこの業界の特徴ですから、仕事のやりがいを求めて転職することも悪くはないといえます。

信用金庫への転職の場合特に求められる資格はありませんが、外勤の場合はフットワークの良さやコミュニケーションスキルが求められます。体力が必要な分野になるため、以外にも体育会系の方が向いている分野です。窓口業務や内勤の場合は、特に何か必要な資格はありませんが、事務作業に必要なパソコンスキルは習得しておくと良いでしょう。大卒や短大卒が必要な学歴になる場合がほとんどですが、窓口業務や外勤の場合は高卒以上でも応募できる求人がみられます。信用金庫への転職を考えているなら、リクルートエージェントやマイナビエージェントが便利です。

信用金庫の求人倍率は?

信用金庫の求人倍率は職種によって変化します。求人案件が多く就職しやすいのが窓口業務や案内業務などのパートタイマーでの仕事です。ハイテラーやローテラーといった窓口業務の場合、女性が担当するケースがほとんどですから、結婚や出産などで退職する率も高く随時募集が行われている信用金庫も少なくありません。パートタイマーであったとしても福利厚生などの待遇は正社員と変わらないため、空いている時間を活用して仕事をしたいと願う主婦にも人気が高い職業となっています。また正社員への登用制度を設けており信用金庫もあり、チャンスをとらえて常勤雇用の道が開かれる場合もあります。

正社員としての登用を目指すために派遣で信用金庫への転職を目指す人もいます。派遣の場合は窓口業務や後方事務などの職種が多くを占めています。派遣の場合は倍率がそれほど高くないため信用金庫での仕事に就ける可能性が高くなります。雇用条件もパートタイムに比べて良い条件のものが多いため、おすすめです。常勤雇用でなくても急がば回れの言葉の通り、正社員登用の可能性の道があります。可能性を信じて実際に正社員として採用されたケースもありますから、状況次第では派遣から目指す方法も考慮してみると良いかもしれません。

求人案件が少ないものの、渉外や営業担当などの求人も時折見られます。求人数は若干名となるため求人倍率は低くなり、かなり狭き門となっています。求人案件によっては求人数1人に対して応募者数が10か20人を超える場合もあります。採用される率が非常に低くなることから、自己アピールをしっかりと行ない、面接官の注意を惹くことができるような面接対策が肝要になります。同時に倍率の高さに採用の可能性がほとんど無いとあきらめてしまうことのないようにしてください。

信用金庫の求人倍率などを知りたいと思う場合、確かな情報源を探したいと思うかもしれません。その点で頼りになるのが転職エージェントです。DODAやtype、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどの企業では転職エージェントを置き、転職サポートを行なっています。信用金庫の求人動向を知りたい場合や求人倍率についての最新の情報を知りたい場合にも豊富なデータベースから情報提供が可能です。登録は無料で、利用料もかかりません。転職エージェントは情報提供以外にも転職での不安や悩みの相談やカウンセリングも行なってくれます。

TOP

信用金庫転職の基礎

条件別の信用金庫求人

大手信用金庫の採用情報


Copyright (C) 2014-2018 信用金庫求人ガイド【※信金に転職しよう!】 All Rights Reserved.